• お問い合わせ
  • サイトマップ
定期健康診断・人間ドック
03-5413-0048
電話受付:月~金 9:00~17:00
外来診療・中央区区民健診
03-3551-7737
電話受付:月~金 9:00~17:45

消化器内科 医師による診療・検査

内視鏡
当クリニックでは、日本消化器病学会 消化器病専門医および日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医による診察・検査を行っております。 上部消化管内視鏡検査(経口内視鏡および経鼻内視鏡)と下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡)は、経験と技術のある医師が内視鏡検査を行い、ご受診される方の苦痛・ご負担が軽く済むように努めております。 なお、内視鏡検査は完全ご予約制で行っておりますが、直近のご予約も可能でございますので、検査をご希望される方は、消化器内科をご受診下さい。

以下のような症状がある方はぜひ一度、消化器内科医師の診察をご受診下さい。

上部消化管(胃・食道など)の疾患が疑われる症状

  • 健康診断・人間ドックなどの「胃部レントゲン(バリウム)検査」で異常を指摘された
  • 吐き気や嘔吐することが多い
  • ムカムカ感や胸やけが続いている
  • 食事のときに食べ物がつかえる感覚がある
  • みぞおちの辺りに痛みを感じることがある  など

下部消化管(大腸など)の疾患が疑われる症状

  • 健康診断・人間ドックなどの「便潜血検査」で陽性を指摘された
  • 便秘や下痢を繰り返す
  • 一度でも血便が出たことがある
  • 最近、便が細くなってきた気がする
  • 慢性的な腹痛がある  など

検査メニュー

上部消化管内視鏡検査(胃内視鏡検査)

胃内視鏡検査は、口もしくは鼻から内視鏡を挿入し、画像モニターを通して、食道・胃・十二指腸の粘膜を観察し、潰瘍・ポリープ・癌などの有無を診断する検査です。当クリニックでは口から挿入する「経口内視鏡」と、鼻から挿入する「経鼻内視鏡」を選択することが可能です。ご受診にあたっては検査前日の夜から食事制限が必要となります。

  • 経口内視鏡

    経鼻内視鏡に比べより鮮明な画像で観察できるので、ピロリ菌感染およびピロリ菌除菌後のがん年齢(40歳~50歳以上)で胃がんのリスクの高い方、またはより確実な内視鏡検査をご希望の方は経口内視鏡をおすすめします。

  • 経鼻内視鏡

    経鼻の内視鏡検査は、カメラを鼻から入れるために口をふさがれず、検査中でも医師との話ができるなどのメリットがあります。

下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡検査)

大腸内視鏡検査は、検査前に腸管洗浄剤を服用し、腸管内の便を排泄させて後に、肛門より大腸内視鏡を挿入し、画像モニターを通して大腸の粘膜を観察して、炎症やポリープ・癌などの有無を診断する検査です。ご受診にあたっては前日より検査用の食事と下剤を服用していただきます。

胃部レントゲン(バリウム)検査

胃部レントゲン検査は、バリウムと胃を膨らませる発泡剤を服用して、胃内にバリウムを付着させ、胃粘膜の凹凸から潰瘍・ポリープ・癌などを診断する検査です。ご受診にあたっては検査前日の夜から食事制限が必要となります。

■バリウム検査を受診される方へ

次の項目に該当する方は、当クリニックではバリウム検査を受診いただけませんのでご了承ください。

  • 治療中のご病気で、水分制限がある(血液透析・腹膜透析中の方など)
  • バリウム製剤に対する過敏症がある
  • 腸閉塞・クローン病・憩室炎の既往、もしくは現病歴がある
  • 以前、消化管の穿孔になったことがある
  • 腹膜手術後(内視鏡下の手術・帝王切開含む)、術後12ヶ月を経過していない
  • 妊娠中・妊娠の可能性がある
  • 検査当日の血圧値が、BP180/110mmHg 以上の重症高血圧症である
  • 検査当日の体重が130kgを超える方(撮影装置の安全性を保つため)

注腸(大腸レントゲン)検査

注腸検査は、肛門よりバリウムと空気を注入し、腸管内にバリウムを付着させ、大腸粘膜の凹凸から、炎症やポリープ・癌などの有無を診断する検査ですご受診にあたっては前日より検査用の食事と下剤を服用していただきます。